キャッシング比較

特徴を徹底比較

キャッシングとは消費者金融・銀行・信販会社が提供している、お金を借りることができるサービスです。キャッシング比較サイトを利用し、金利をはじめとした商品スペックを比較することは、借入先を選ぶとても重要なポイントです。

特徴・スペック・お申込みの流れ・借入方法・返済方法の詳細情報や口コミ・評判も掲載しているので、各社を比較してご自身に最適なキャッシングをお選びください。

スポンサーリンク

特徴で選んでお金を借りる

誰にもバレずに内緒で借入

審査通過を目指すなら

SMBCモビット

WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし
誰にも知られず内緒でお金の借入が可能
金利:3.0%~18.0% 限度額: 1万円〜800万円まで
審査時間融資スピード
10秒簡易審査最短即日※1
  • 10秒簡易審査は他社の申込より入力項目が少なく簡単に申込でき、審査結果も素早くわかるのでおすすめ!

無利息期間ありで借入

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ネットキャッシング
はじめての借入から30日間は利息0円。毎月の返済は3000円から
金利:1.59%~18% 限度額: 1000万円
審査時間融資スピード
最短即日3日以内
  • 限度額が1000万円と高いのが特徴。ネットバンクなので口座とセットで便利に利用可能!

急ぎなら即日融資可能な消費者金融

審査結果をすぐ知りたいなら

レイクALSA

最短15秒で審査結果を表示!レイクALSA
Webでお申込みからお借入れまで最短60分融資も可能!※2
金利:4.5%~18.0% 限度額:500万円
審査時間融資スピード
最短15秒で審査結果を表示 Webで最短1時間融資も可能※2
  • 最短15秒で審査結果がわかりスピーディー!

プロミス レディースキャッシング

女性専用キャッシング☆安心のプロミス
最短1時間融資と業界最速の水準!
金利: 4.5%~17.8% 限度額:500万円まで
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間
  • レディースキャッシングは、女性専用ダイヤルレディースコールが用意されているので安心して利用可能!

アコム

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能
24時間、土日も銀行口座振込可能※3
金利:3.0%~18.0% 限度額:800万円
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間

アイフル

最短30分審査!最短即日融資のアイフル
年収などを入力して融資可能かわかる1秒診断あり
金利:3.0%~18.0% 限度額:800万円以内
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間

低金利な銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

他社からの借換えもOK!限度額1,200万円
毎月の返済は2000円から!ご利用明細の自宅郵送なし
金利:0.99%~14.79% 限度額:最高1,200万円
審査時間融資スピード
最短60分(仮審査)翌日以降

法人・個人事業主の方に最適

ビジネクスト

事業者専用ローンなら『ビジネクスト』
法人・個人事業主の方が利用出来るカードローンもあり
金利:5.00%~18.0% 限度額:最大1000万円

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※3 金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

あなたに最適な借入先がわかる!借入先診断

Q1
審査に落ちた事がある?

消費者金融と銀行の特徴を比較

インターネットを利用して消費者金融と銀行で借入する場合、何が違うか比較してみました。大きく異なるのは、金利と審査時間および融資時間です。

銀行の場合、金利は低いですが審査と融資までに時間がかかる場合が多くなっています。インターネットから申込みをし、審査通過後に銀行等に設置されている自動契約機でローンカードを受け取れば、当日中に借入できる銀行カードローンもあります。また、申込みをする銀行の口座を既に開設してある場合は、即日融資が可能な場合もあります。

消費者金融の場合、金利は銀行と比べると高くなりますが、審査と融資までの時間は最短で当日中と早いです。融資時間が最も早いプロミスで、最短一時間融資となっています。また消費者金融の場合は、貸金業法に定められている総量規制により、融資額が年収の3分の1までに制限されます。

このような特徴から、銀行は金利が低いので返済時に支払う利息を抑えたい方や、高額なお金を借りたい方におすすめです。一方、消費者金融は審査回答と融資までがスピーディーなので、急ぎで借入をしたい方におすすめです。

金利や審査時間の比較は重要

どれを利用するか選ぶ際に重要な点は、金利や限度額などのスペック・審査時間と融資時間・利用対象者・必要書類なので、これらを比較してご自身にあった商品を選びましょう。
特に金利は返済時の利息をどのくらい負担するかに関わってくるので、比較してなるべく金利の低いものを選びましょう。
審査が不安な場合は借入シミュレーションが公式サイトに用意されている場合もあるので、借入できるか診断をしてみましょう。 消費者金融や銀行など各社は審査基準を公開していません。しかし利用対象者は明記されているので確認しましょう。

賢くお金を借りる

キャッシングは、しっかりと返済できる状況で利用しましょう。返済を滞ったりすると様々なローンを利用できなくなってしまう可能性もあります。計画を持って利用することで様々なメリットを生活の中で得ることができます。

また現状で数社から借入をしている方は、おまとめローンや借り換えローンに対応しているキャッシングで返済額を軽減することも可能です。返済計画もたてやすいのでおすすめです。

お申込みから審査までが不安な方も多いと思いますが、多くのキャッシングは免許証(本人確認書類)のみで簡単にお申込みができます。対象年齢であり、安定した収入のある方であればほとんどの方が利用可能なので、スペックや特徴などでご自身にあった借入先を選びましょう。

様々な利用目的

多くのキャッシングは資金の使いみち自由(資金使途自由)となっています。
例えばこんな事に利用することができます。

旅行やレジャー、高額商品の購入、カー用品の購入、自分磨き・エステ、資格取得・授業料・塾代、ブライダル費用、引越費用・敷金・礼金、歯科矯正・インプラント、入院費・治療費、生活費、交際費、クレジットカードや他の貸金業者への返済資金の補填 他

このようにキャッシングは様々なことに利用できるので、役立つ使い方ができます。

スポンサーリンク