クレジットカードのキャッシングとは?

キャッシングと呼ばれるものは、消費者金融でお金を借りるサービスと、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるサービスの二種類があります。どちらも現金が必要な時に役立ちますが、目的などによっては向き不向きがあるので、特徴を確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が用意されていて、それぞれ利用可能枠が設定されています。店頭での買い物やネットショッピング、各種支払いでクレジットカードを利用した場合は、ショッピング枠が使用されます。
ではキャッシング枠はどのような場合で利用するかですが、現金が必要な際に使用できます。
例えば、生活費が少し足りないので現金を工面したいという時に、銀行やコンビニATMでお金を引き出すことができます。
ショッピング枠とキャッシング枠はクレジットカードを作った時点で利用可能枠が設定されています。利用可能枠の増枠・減枠の申し込みも可能です。

給料日前の月末などに現金を手元に用意することができない時、クレジットカードに備わっている機能を用いるとATMで用意に現金が借りられる様子をキャッシングと呼びます。
契約する事が可能なクレジットカードにはお買い物時に利用可能なショッピングの枠と、現金自動支払機でお金を借りる事が可能なキャッシング枠があります。
このように付帯している一時的に金銭が借りられるシステムを総称してキャッシングと呼ぶのですが、申し込み手続きをする際に上限額を希望した場合は審査が行われ実際に利用できる上限が定められます。
キャッシングの恩恵を受ける事ができるのは突然資金を用意しなければならなくなったタイミングであり、返済方法は次月に一回払いもしくはリボ払いから選定可能です。
ただし1つずつ小さな違いがありショッピングを一回払いを選んだ時は手数料が発生しないものの、キャッシングについてはどのような条件でも金利手数料が生じる事を覚えておきましょう。
年間あたり15%から18%に決められている事例が多いですが、契約者や借り入れ状況により差異があるのでカード会社の会員用のウェブサイトにログインして詳細を確かめてください。
こうしたキャッシングは収入が入るまで待つ必要が無いので緊急時に大変頼りになりますが、いつでも借入できるため利用時には安易に判断せずに実直に返済計画を練らなければなりません。
一度に返せない場合はリボ払いを選ぶことになるものの、金利が膨れ上がり利息ばかりを返し続けて一向に元本の返済に着手できないというトラブルは珍しくありません。
できるだけ余裕を持って早く返せる事が明瞭になった上で、可能な限りキャッシングするのは少額に収めておくと安心です。
また各々は別々に区分されていますがどちらか一方にお世話になるともう一方の利用可能分は減ってしまうので、まだ限度に余裕があると考えていたら実は既に上限に到達していたという可能性があるので注意してください。

クレジットカードの利息

ショッピングの場合

ショッピング枠を利用した場合、返済方法を分割払いとリボ払いにした場合、利息がかかってきます。一括払いと二回払いの場合は、金利手数料0円です。

キャッシングの場合

キャッシング枠を利用した場合は、実質年率18%など金利が設定されていて、元金残高・据置日数などで利息の金額が決まってきます。実質年率は各クレジットカードの公式サイトに掲載されています。

クレジットカードのキャッシングの借入方法

多くのクレジットカードは、ATMと口座振込での借入が可能となっています。ATMの場合はクレジットカードを挿入し、画面の指示に従って手続きをすることで借入が可能です。
口座振込の場合は、クレジットカードの公式サイトにログインし手続きをすることで借入が可能です。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

返済の場合はATMのほかにペイジーなどを利用したインターネット返済が可能となっています。手間なく返済が可能です。

クレジットカードのキャッシング枠の特徴

クレジットカードは18歳から申し込みが可能です。未成年の場合は親権者の同意が必要となります。クレジットカードは信販会社が提供しています。

クレジットカードのメイン機能はカードを利用して決済ができるショッピング機能です。ですので、キャッシング枠の限度額は最高50万~100万円と、消費者金融と比べると低く設定されています。借入手段はほとんどのクレジットカードが、コンビニや銀行の提携ATMを利用する形です。返済は口座振替の場合がほとんどです。

クレジットカードは多くの方が利用しているので、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方が、消費者金融で借入するよりイメージ的には良いです。

クレジットカードのキャッシングが向いている方

買い物や支払いなどでの利用がメインで、少額のお金しか借入する必要がない方におすすめです。即日発行のクレジットカードもありますが、発行に数ヶ月かかる場合もありますので、急ぎでお金を借りたい方には不向きです。

代表的なクレジットカード

三井住友VISAカード、JCBカード、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレス・カード、楽天カードなど

消費者金融との違い

現金を借りられる点では、クレジットカードのキャッシングも消費者金融のキャッシング・カードローンも同じです。違うのは金利や限度額、融資までの時間や返済方法などです。

クレジットカードのキャッシングはちょっとした借入に向いていると思います。 まとまったお金を借りたいなら消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどが金利も下がりおすすめです。

消費者金融の特徴

消費者金融での融資は、20歳から申し込みが可能です。消費者金融は個人に対して融資を行うことがメインの業務です。審査時間や融資までの時間はクレジットカードより早く、最短即日融資が可能となっています。

金利はクレジットカードのキャッシング枠と大差はないですが、僅かに消費者金融の方が低い傾向があります。限度額は、最高300万円から800万円とクレジットカードのキャッシング枠と比べても高額です。借入と返済は提携ATM・店頭・自動契約機・振込など多様です。

お金を借りるサービスに特化しているので、素早く簡単に借りれて、簡単に返済が行える環境が整っています。

消費者金融のキャッシングが向いている方

審査回答および融資までに時間がかからないので、急ぎでお金を借りたいという方におすすめです。今すぐお金が必要!という場面に大変役立ちます。

振込融資のカードレスでのキャッシングと、カードローンを利用しての借入方法があるので、使いやすい借入方法を選びましょう。

代表的な消費者金融

アコムプロミスSMBCモビットアイフルノーローンなど

カードローンとの違い

クレジットカードのサービスを利用してキャッシュディスペンサーやATMからお金を借入する事をキャッシングと呼び、小口融資と言われるだけあり限度額は多くなく数万円までが一般的で多めでも数十万までです。
返済は残高スライドリボルビング方式か一括のどちらかから選べますが、金利が高いのが特徴的です。
一方でカードローンとはノンバンクもしくは銀行が発行しているカードを使用しATMやキャッシュディスペンサー、指定されている機関の口座にて振り込みという形式で借りる事です。
事前に受けている審査の結果に則って限度が決まっていて、その範囲を超えない限り原則的に何度も借りられるのが特徴です。
しかもキャッシングが数十万までであるのに対して、カードローンは審査状況により最高で数百万円分でも借入できます。
ただし額が大きい事もあり一括払いは用意されておらず、残高スライドリボルビング方式か分割払いがスタンダードでキャッシングに比較すると金利が若干低くなっています。
このようにカードローンとキャッシングの双方の差異点として目立つのは金利と返済する方法であるという事実を知っておけば、良く似ている2つのサービスを上手く使い分けられます。
現金のように物理的に紙幣や硬貨が存在しないので使った分がわかり難くてできるだけ避けたいという方も居ますが、より良いのはキャッシングに加えてカードローンも同時に使う事です。
その理由は急を要する際は思わずキャッシングに頼ってしまいますが、手数料などの付随する支出が高額で一括払いしかできない様子を考慮するとキャッシングのみは賢明ではありません。
同じ事案であっても金額や返済計画によってはカードローンの方が大幅に負担減にさせられるケースもあることから、2つのサービスをいつでも使えるようにしておき個々に合った方法を選択してください。
そのためには実質年率に目を向けて15%を超えているようなら、カードローンを選ぶと無理なく返していけるようになります。

クレジットカードのキャッシングとカードローン比較のメリット

キャッシングはクレジットカードを機器に挿入してお金を得る事である反面、カードローンは同じくカードであってもローンカードという別物を使うので比較すると明らかな違いがあります。
当然本来は各種で違いがあるのに現状としては物理的に手にする物以外の異なる箇所が定まっておらず曖昧になっているのですが、違う点を知っておかなければ得られるメリットを逃してしまうので利用開始前に理解します。
そもそも呼び名が区別されているのはクレジットカードのケースだと既に借り入れるために機能が付いていて、後々急な物入りでお金を準備しないとならなくなった時に制度を使いキャッシングします。
一方のカードローンは利用しないと手にする事はできないので、現時点で所有している方は過去に現金を借りた経験があるという証拠です。
つまり金融機関もしくは消費者金融から無担保にて借入するタイミングで、ローンカードが発券される仕組みになっています。
このようにそれ自体が違うので当然のことながら規則の定められ方にも違いが見られ、期限と返済する頻度にも相違があります。
キャッシングについては相手方から指定された日にしっかり返さなければなりませんが、カードローンは想定よりも余裕があれば繰り上げて返済しても構いません。
繰り上げても構わない上に次回の返済日が連動して変更になるので、短期間でもう一度返金する必要が生じなくなるためカードローンの方が自分のペースで支払いしやすいです。
そして返し方自体にこれと言って違う様子は無いですが自由度を比較してみるとキャッシングだと口座から引き落とす設定になっているのに対して、カードローンはATMを使うことが主要な方式です。
ただし、あくまでも初期設定の状態で使い続けた事例での差異なので後から自分の環境に合う設定に変えた場合は、キャッシングでも口座引き落としに他の選択肢も追加できます。
また迅速さに目を向けた時にはクレジットカードのキャッシング枠を使うのが最速なので、カードローンよりもキャッシングに軍配が上がります。

クレジットカードの審査に通らない場合はカードローンの審査にも落ちる可能性がある

クレジットカードもカードローンも信用情報機関によって審査履歴や金融事故の履歴が記録されています。ですので過去に滞納をしたことがあるなどの場合は審査に通りづらくなります。またどちらも基本的に返済能力があるかが重要視されるので、クレジットカードの審査で返済能力がないと判断された場合は、カードローンでも同様の結果になる場合が多いでしょう。

特徴で選んでお金を借りる

誰にもバレずに内緒で借入

審査通過を目指すなら

SMBCモビット

WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし
誰にも知られず内緒でお金の借入が可能
金利:3.0%~18.0% 限度額: 1万円〜800万円まで
審査時間融資スピード
10秒簡易審査最短即日※1
  • 10秒簡易審査は他社の申込より入力項目が少なく簡単に申込でき、審査結果も素早くわかるのでおすすめ!

急ぎなら即日融資可能な消費者金融

審査結果をすぐ知りたいなら

レイクALSA

最短15秒で審査結果を表示!レイクALSA
Webでお申込みからお借入れまで最短60分融資も可能!※2
金利:4.5%~18.0% 限度額:500万円
審査時間融資スピード
最短15秒で審査結果を表示 Webで最短1時間融資も可能※2
  • 最短15秒で審査結果がわかりスピーディー!

プロミス レディースキャッシング

女性専用キャッシング☆安心のプロミス
最短1時間融資と業界最速の水準!
金利: 4.5%~17.8% 限度額:500万円まで
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間
  • レディースキャッシングは、女性専用ダイヤルレディースコールが用意されているので安心して利用可能!

アコム

はじめての方にアコム!最短即日融資も可能
24時間、土日も銀行口座振込可能※3
金利:3.0%~18.0% 限度額:800万円
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間

アイフル

最短30分審査!最短即日融資のアイフル
年収などを入力して融資可能かわかる1秒診断あり
金利:3.0%~18.0% 限度額:800万円以内
審査時間融資スピード
最短30分最短1時間

低金利な銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

他社からの借換えもOK!限度額1,200万円
毎月の返済は2000円から!ご利用明細の自宅郵送なし
金利:0.99%~14.79% 限度額:最高1,200万円
審査時間融資スピード
最短60分(仮審査)翌日以降

法人・個人事業主の方に最適

ビジネクスト

事業者専用ローンなら『ビジネクスト』
法人・個人事業主の方が利用出来るカードローンもあり
金利:5.00%~18.0% 限度額:最大1000万円

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※3 金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。

キャッシング比較

スポンサーリンク